創作

15年間ライトノベル作家目指して、一次審査すら一度も突破したことがないやつwwwww

どうも、書い人(かいと)です。

煽(あお)りタイトル……というよりは自分を煽っていますね。はい。

今回は15年それなりに作家を目指してきて、ほぼ成果を出せなかった自分について語っていくよ。

人間に興味がない

致命的。

いわゆるスキゾイド(他人に興味を持たない感じ)な性格的傾向があり、あんまり特徴的なキャラクターを書くのが得意ではありませんでした。

数学とかは好きなんですけどねー。

日常の細かい所作を書くことができない

日常系の小説じゃなくても良いんだけど、けっこう書くべきポイントを省いてしまっているところが多い。

料理に例えると、『いくつかの調味料が足りなくても食えるでしょ』みたいな感じ。

一生メシマズ作家やってろ。

面白い文章が書けない

ブログに代表される、『(ちゃんと)読める文章』は書けると思うんですが、やっぱり人を喜ばせる文章を書く技術って大事だと思うんです。

特徴的な文体だったり、エスプリ(知的なユーモアなど)が効いていたり、読んでいて気持ちよくなる文章を書きたいものです。

話らしい話が書けない(長編執筆歴ほぼゼロ)

非常に断片的な設定や描写だけしか書けない気がします。

なんとか頑張って中編止まり。

長編はほとんど1作も書けた試しがありません。

中途半端に頭が良い

頭が悪いわけではないんだけれど、一般的に小説を書くという行動の速度と自分の脳・知能の動き・働きの速度が噛み合っていない気がしています。

物語を作るって、別にそこまで高い知性は要らないんですよね。

ちゃんとじっくり腰を据(す)えて努力できる方がよほど大事というか、ゆっくりできる人の方が向いていると思います(村上春樹さんが『職業としての小説家』でそういった話をされていました)。

なんで目指した? 致命的に才能ないじゃん

って、多分統合失調症を発症した時期に作家を目指し始めたのですが、文章を書くくらいしかできることがなかったから目指したんだと思いますね。

つまるところ、消去法です。それで、作家にすらなれなかった。

ぶっちゃけ、全ての職業に向いていなかったといえます。

読むのも好きなんですが、話の構造よりも設定や一場面、一場面が気になる感じで、長期間物語と向き合う能力はなさそうです。

才能もないし、努力もできないって感じです。それで結果が出るはずもなく……。

(書きたい話の)強いイメージ』みたいなのはあるだけに、ひどくもどかしいんですよね。

今後の進路(進退?)を真剣に考え中です。

ありがとうございました!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA