EVEOnline

【EVE Online日記14】駆逐艦でソロ・アビサルT1を目指す【T3DD・スヴィプル】

どうも、書い人(かいと)です。

ミンマターの戦術駆逐艦(T3DD)のスヴィプルを使ってみたところ、まあまあのスキルと装備でもT0(最低難易度)のアビサル・デッドスペースは完封できるようになりました。

T0アビサル最強の敵、『スカイブレイカー・ディスパル隊』も難なく撃破できます。

ちなみにオメガ・アカウント(課金プレイヤー)であることが前提となります。

(難易度を上げる際は、テストサーバーで試してみることをおすすめします)

スヴィプルの特徴(3種のモード)

スヴィプル、というより戦術駆逐艦(T3DD)の特徴として、3種のモード(変形して、見た目も変わります)の存在が挙げられます。

デフォルトでは防衛モードで、10秒ごとにモード変更ができます(モードそのものの時間制限は存在しません。変えなければずっとそのモードのままです)。

・防衛モード→シールド・アーマーレジスタンスが増大する(防御力強化)、その他

・射撃モード→攻撃力増大(+33.3%)、ロックオン可能距離の増大、攻撃に関する敵の妨害行動に強くなる、など

・推進モード→アフターバーナー(AB)、またはマイクロワープドライブ(MWD)の速度の上昇率が66.6%増大

基本的には射撃モードを使っていき、よほど遠くにもの(コンテナなど)があるときには推進モード一時的に使用するなどで問題ありません(防衛モードは見なくてもいいです。カミカゼに遭遇したら起動して、耐えられるかを試すくらい?)。

追記:防衛モードは敵との交戦距離に入る前までに使用すると良いようです。

こちらの攻撃が命中する距離になったら、射撃モードに切り替えましょう。

艦船Fit(装備・T0用)

[Svipul, シミュレートされたスヴィプル*装備]
Shield Power Relay II
Shield Power Relay II
Gyrostabilizer II
Tracking Enhancer II

Republic Fleet Medium Shield Extender
Republic Fleet Medium Shield Extender
Shield Recharger II
Coreli A-Type 5MN Microwarpdrive

150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II

Small Core Defense Field Purger II
Small Core Defense Field Purger II
Small Core Defense Field Purger II

 

Hail S x10000
Barrage S x30000

価格など

スヴィプルの推定価格は装備込みでおよそ1億3000万ISK130M。実際は150Mくらいしました、リアルマネーで150円前後くらい? 価格を抑えたい方は、大商都のジタなどで買い揃えましょう)とまあまあします。

必要な前提スキルもやや重めですが、T0・T1のアビサルを気楽にしたい方は取ってみてください。

防御(パッシブシールドタンク)

これらの装備はいわゆる『パッシブシールドタンク』というものになります。

防御用の装備の大半が、シールドの自然回復(リチャージ)速度を増すことに向けられた物になります。

シールドエクステンダーにより、基本シールド容量(シールドHP)も上昇し、アビサルのガンマ・フィラメントと組わせると、

シールド容量が1.5倍、自然回復速度も1.5倍となります(当然ながら、電力キャパシタを消費しない素敵仕様)。

電力キャパシタ管理が不要なのは、非常に操作がシンプルというのが大きな利点です。

更に言うと、アビサルに行くためのガンマ・フィラメントはT0、T1ともに1個あたり1万ISK前後と非常に安いです。

T0なら、多少スキルが微妙でも残りシールド容量が80%前後で最強の敵である『スカイブレイカー・ディスパル隊』をタンクしきれます(それ以上ダメージを喰らいません)。

また、シールド自然回復の特徴として、シールドHPが満タンに近いほど回復速度が緩やかに(遅く)なり、少なくなるほど回復速度が上がる(シールドHPが25%以下で『最大シールドHP/シールド回復時間の2.5倍』)というものがあります。

装備画面の『防衛』(△マークにチェック)で確認できる『パッシブシールドリチャージ』の秒間回復速度が、最高回復速度(シールドHPが25%以下のとき)の時の自然回復になるようです。

シールドHPが25%以下になると、確率(具体的な数字や計算式などは不明ですが、多分ブレがありそうですね)でアーマー(2層目のHP)にダメージが入り、

アーマーHPが0になるとストラクチャ(船体/ハル。3層目のHP。これが0になると船が爆散して轟沈です)にダメージが入るようになってしまいます。

ただし、スキルの『戦術シールド操作』をまで取っておくと、それが起きなくなります(シールドが0になるまでアーマーにダメージが入りません)。

T1アビサルを安定させたければ、取っておいたほうが無難だと思っています(T0ではぶっちゃけ不要)。

速度(MWD/マイクロワープドライブ)

航行に関しては、できるだけ最適射程距離(弾丸が直撃する距離)の交戦距離を維持したいので、非常に速度の出るMWDマイクロワープドライブ)を使用しています。

MWDの大きなデメリットとしては、シグネチャ半径が約6倍になる(=自艦の的としての大きさが6倍になり、敵からの攻撃が直撃しやすくなる)というのと、電力キャパシタ総量が-20%されて電力が足りなくなる(MWDそのものも起動中は電力を大きく消費する、というのも合わせて大変)、というものがあります。

シグネチャ半径の増大は、リグ装備の『小型コア防衛フィールドパージャーⅡ』でも行われているので更にそれが6倍ということで、かなり大きくなってしまいます。

シグネチャ半径のペナルティに関しては無視することにしました(一応『シールドリグ』というスキルで軽減可能です。伸ばしておくかな?)。

キャパシタの問題については、『コレリA型5MNマイクロワープドライブ』(派閥・DED品のMWD)で解決しました!!(ついでにシグネチャの増大も+410%、つまり5.1倍までに抑えられています)

派閥品ということで価格は30M(3000万ISK)弱とかなり高いのですが、性能は優秀極まりないです。

起動時には最高速度518%増えるのに加え、キャパシタ総量のペナルティが-3%に抑えられているのです。

基本的に電力キャパシタは安定するはずです(安定しない場合は、航行技術スキルの一つの『高速操作』を取ってみるなどしてください)。

ちなみにMWD起動時の航行速度は、防衛/射撃モードで1300m/s超、推進モード起動時には2000m/s超となります。

MWDはワープ妨害(ワープスクランブラー、スクラム)をかけられると起動できなくなるとのことですが、T0・アビサルではそうした危険はありません。

問題は挑戦していないT1ですので、調整する必要があるかもしれません。

ワープ妨害に掛けられた場合は、最適射程距離に+60%のボーナスのあるニュークリア弾共和国海軍仕様などの派閥品は強いですが、値段が高すぎるので考えもの)を使うと良いと思います。

攻撃(オートキャノン)

武装は『150mmライトオートキャノンⅡ』×4を使用しています(より強力な『200mmオートキャノンⅡ』を装備していないのは、装備要件の1つのパワーグリッド/PGが足りないためです)。

T2品なのでスキル要件は重くなりますが、その分強力です。

T0では特に速度のある敵がほとんどですので、MWDを使っていても最適射程距離にまで敵を囲うのは難しかったりします。

T2の弾にはヘイル弾バラージ弾があります。

今回は威力がそれなりで最適射程距離が比較的長い(距離のボーナス・ペナルティ±0)バラージ弾を積極的に採用しています。

ヘイル弾はアビサル・T1で足の遅いデカブツが出たときにでも使うかな?

前述の通りT1・アビサルではワープ妨害が出る可能性がありますので(不確定なのでいずれ追記します)ニュークリア弾(最適射程距離に+60%のボーナス)を使いましょう。

艦船Fit(T1用・予定)

(アイキャッチ画像と同じFitです)

ニュークリア弾追加しておいてください)

『回転制御機Ⅱ』を外し、『シールドパワーリレーⅡ』を3つ装備した回復・防御重視のFitです。

やや火力は落ちますが、DPS的にはスキルをちゃんと伸ばせば戦えるかと。

ガンマ・フィラメントの環境下では、最高で秒間150HP回復という恐るべきシールドリチャージの速度があります。

ぜひとも『シールドマネージメント』スキル(一段階の上昇ごとにシールド容量が5%増大します)を伸ばしておきましょう。

[Svipul, T0・T1アビサル・スヴィプル]
Shield Power Relay II
Shield Power Relay II
Shield Power Relay II
Tracking Enhancer II

Republic Fleet Medium Shield Extender
Republic Fleet Medium Shield Extender
Shield Recharger II
Coreli A-Type 5MN Microwarpdrive

150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II

Small Core Defense Field Purger II
Small Core Defense Field Purger II
Small Core Defense Field Purger II

 

Hail S x10000
Barrage S x30000

伸ばしておきたいスキルまとめ

・(ミンマター)戦術駆逐艦→説明するまでもなく重要(火力の増大など)

小型オートキャノンスペシャリゼーションDPS(秒間あたりの火力・攻撃力)の増大

局所攻撃→上に同じ(全ての種類のタレットのDPSが増えるナイスなスキル。スキル要件は重め)

狙撃技術→タレットの最適射程距離の延長(実質的なDPSの増大)

軌道分析→タレットの精度低下距離が延長(射程距離・DPSの増大、ワープ妨害時でMWDが使えない時に強くなりそう)

高速発射→タレットの発射間隔が短くなる(DPSの増大)

シールドリグ→どうせMWDを付けてしまうけど、ないよりはあったほうが敵の攻撃が直撃しづらくなります

戦術シールド操作→Ⅴまで取っておくと、シールドHPが0にならない限りアーマーにダメージが通らなくなります

シールドマネージメント→最大シールドHP・容量を増やす(シールド容量が増えると、自然回復速度も上昇します)

シールド強化→1段階ごとに、シールド関連装備(シールドエクステンダーやシールドリチャージャーなど)のパワーグリッド消費が5%減少する

高度兵器強化→タレット・ランチャー系装備時のパワーグリッド/PG消費量がレベルごとに2%削減される

高速操作→マイクロワープドライブ/MWDの起動コスト、つまりは電力キャパシタ消費を軽減する

スキルが整っていないのでT1・アビサルへの挑戦は長くて2ヶ月後とかになりそうなんですが、このFitとスキルの伸ばし方で問題は起きないと踏んでいます。

追記:追記↓のFitならわりとすぐにでもT1・アビサルに行けそうですね。

一応、『ミンマター戦術駆逐艦』スキルをⅣまで伸ばしてから挑むかな。

追記:T2、T3・アビサル用? 艦船Fit

(派閥仕様のニュークリア弾Sを入れておいたほうが無難です)

T2、できればT3・アビサル(ガンマ環境)を安定してクリアしたいFitになります。

あくまで目指していますよ、ということでできるかどうかは全くわかりません。

[Svipul, アビサル・スヴィプル]
Shield Power Relay II
Shield Power Relay II
Shield Power Relay II
Navy Micro Auxiliary Power Core

Republic Fleet Medium Shield Extender
Republic Fleet Medium Shield Extender
Republic Fleet Medium Shield Extender
Coreli A-Type 5MN Microwarpdrive

150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II
150mm Light AutoCannon II

Small Core Defense Field Purger II
Small Core Defense Field Purger II
Small Core Defense Field Purger II

 

Hail S x10000
Barrage S x30000

『(共和国海軍仕様)中型シールドエクステンダー』1つ増やし、足りないパワーグリッド/PGは『海軍仕様超小型パワーコア』とインプラントの『EG-602』で補いました。

防御・自然回復力を重視したFitになります。

ロースロットは『パワーコア』×1と『シールドパワーリレーⅡ』×3で埋まったので、モジュール(装備品)による火力の上昇は期待できません。

T2、T3アビサルに挑むなら、関連スキルをフルに取るのと、さらなるインプラントで火力やシールド容量を上げる必要があると思われます(推定数億ISK)。

インプラントは『SM-705』(シールド容量+5%)や『SS-905』(全てタレットの火力が+5%。これはガレンテ連邦連邦海軍のLPストアで交換できることを確認しました。他のLPストアでもできそうな気はしています)を装備(プラグイン)したいと思っています。

特に『SS-905』は有用かと思っています!

追記その2:火力上昇版Fit

シールド回復量が過剰かな? と思ったので、リグを調整して『200mmオートキャノンⅡ』を装備できるようにしたFitです。

リグの『小型カレントルーターⅠ』(パワーグリッド/PGの強化)は必要に応じてに変えるなどしてください。

その場合、『(海軍仕様)超小型パワーコア』はもうちょいグレードを抑えた品に変えても(→『超小型パワーコアⅠ』またはⅡ)大丈夫な気がしています(PGは要調整ということで)。

あるいはカレントルーターとパワーコアはそのままで、『高度兵器強化』スキルを高レベルまで取ったり、インプラントを増強したりすることで『ライトミサイルランチャー』(できればT2、『ライトミサイルランチャー』)を装備することもできそうですね!!(これが一番強そうです。自分の限界の中では)

[Svipul, シミュレートされたスヴィプル*装備]
Shield Power Relay II
Shield Power Relay II
Shield Power Relay II
Navy Micro Auxiliary Power Core

Republic Fleet Medium Shield Extender
Republic Fleet Medium Shield Extender
Republic Fleet Medium Shield Extender
Coreli A-Type 5MN Microwarpdrive

200mm AutoCannon II
200mm AutoCannon II
200mm AutoCannon II
200mm AutoCannon II

Small Ancillary Current Router I
Small Core Defense Field Purger II
Small Core Defense Field Purger II

 

Hail S x10000
Barrage S x30000

ありがとうございました!!

新規プレイヤーさん向けのお得な招待コードはこちら!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA