創作

【小説執筆】あまりに知識レベルの高い物語を構築するのが困難な話。ていうか小説書けんw

どうも、書い人(かいと)です。

うーん。

SF、あるいは人間関係が非常に細かく書かれた小説でもいいけど、とにかく小説っていろいろと難易度高いな~と思った自分です。

未だになんで書ける人はそれ(=執筆)ができるのかが謎で仕方がない。

それを才能と言うのは簡単だけど、そんな簡単な言葉に逃げたくはありません。

書籍、小説を参考にするのなら、『されど罪人は竜と踊る』とか『ザ・サード』、『ウィザーズ・ブレイン』とかいろいろ。

ウィザブレはあんまり読めていないですが。

SFを書きたければ、まず勉強しろ

当たり前だけど、これができなかった自分はまず壁があります。

IQ的には無問題なんですが、精神病(統合失調症)に罹(かか)ったせいで青春時代が潰れました。

ていうか、青春って何(マジで勉強以上にこれっぽっちも理解できないし、する気もない)。

まあ、まともなところの理系大卒くらいの知識は欲しいですね、知らんけど。

SFといえども『人間を描く』ができなければ駄目

自分(書い人)は、なんというか人間関係を煩(わずら)わしいと思ってしまうタイプです。

スキゾイド(人に興味を持たない人、的な性格タイプ)というか。

自分自身を振り返ってみても人間味が薄いよなー、とか思ったり。

魅力的と思える人に人生の前半とかでほぼ出会わなかったので、『人間なんてこんなものか』みたいに思ってしまったこともあるのかもしれません。

しばらくこんな感じの文章を書き散らすかも

SEO(=サーチエンジン最適化≒検索されやすさ)とかつまらないし、まあ最低限意識はしますが日記でも書けばいいんじゃね? とは思いますね。

1日1記事くらい徒然(つれづれ)なるままに書き散らして楽して収益化、となればいいのですが。

固定の読者層がついてくれば嬉しいですね。

目指せ月1万円。それ以上はなってから考えます。

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA