雑記

無駄な努力をしないために、諦めるべきこと

取捨選択、大事!! 人間、何でもはできないぞ!!

というお話です。

はじめに:何でもやりたくなる自分の話

戒(いまし)めです。

自分(書い人・かいと)は、かなーり(お金の掛からない範囲ですが)手広い範囲に労力を割いてきた人間です。

なかなか諦められないんですよね。

あまりにも才能がないと思って一瞬で諦めたものは確かにあります。

・イラスト(絵)→幼稚園時代に才能がないと気づく、他の子のほうが明らかに上手だと思った。

・音楽制作→コード進行の重要性が、今を持って理解できない。

続けているのは、小説執筆や学習全般、ゲームを努力といっていいのかはわかりませんが、まあ努力が必要なことはあります。

またブログ、読みやすい文章でなにかを表明したい気持ちは強いです。

料理は好きだし、才能あるし、別に家庭料理の範疇(はんちゅう)ならなにも文句はないか……、と言った感じ。

他には(ゲームとかの)動画制作・編集……というのも考えましたが、面白い喋りやむちゃくちゃ強かったりするプレイをするのは非常に難易度が高いです。

チャスだの将棋だの碁だの楽しんでいたな……。

株式投資も微妙にやっています。

そんなあれこれ手を出している自分が、『ここに関しては諦めた方がいい』というポイントを、自戒を込めて書いていきます。

それでは、本編のスタートです。

以下、やらなくても良いことまとめです↓↓

努力ができない分野で、上手(うわて)に勝とうとする

やりたいことが多いと、努力量、時間投下量がどうしても減ります。

そんな状態で、専門に努力している人たちと戦うのは無謀です。

興味として少し知ることができればいいかな、くらいでも十分楽しめるとは思います。

下手の横好きでいい、と割り切れて楽しめるのなら趣味としては悪くはないはずです。

嫌いな人と話す

嫌いだな、と思った人とは話さなくて良いんじゃないですかねー?

社会でどうしてもコミュニケーションが必要なら、最低限の挨拶やメールなどの伝聞で連絡を済ませるなどが考えられます。

本当にアレな人は、メールでの返信すらしてきませんからね。

そういう人へは可能なら「ああ、返信ないの、ふーん」って感じで、もう無視でいいです。

最低限の礼儀すらない人は実際に居ます、実質的な攻撃(口撃)しかできないとかね。

コミュニケーション能力がない、では済まされないと思うのですが、やはり無視するようにしましょう。

嫌いな人のことをどうしても考えてしまう、嫌いな人に脳内を占領されてしまったときは、好きな人と時間を使ったときのことを思い出すと良いです。

いかに時間の無駄なのか、それはもう歴然としているはずです。

克服しなくてもいい問題点を、無理に克服しようとする

長所を伸ばしたほうがお金にはなりやすい、とはよく言われますね(自分もそう思います)。

そうでなくても、極端な問題点以外は直す必要さなくても、まったく健全な社会的生活は送ることができるでしょう。

これはできなくても食うのに(生活するのに)は困らないな」、と思ったら割り切って努力を放棄しても良いと思います。

まとめ:どうでもいいことにエネルギーを使わない

あなたは貴重な人的資源です」って言えば良いのかな(自分に言い聞かせている・笑)。

これは自分が手を出さなくてもいいな、とか、もっと言えばそれに値しないな……と判断(判定)するのは重要です。

タイムイズマネー(時は金なり)、どころか時間はお金よりもはるかに重要です

無駄な損耗、消耗は避けてください。

おわりに:重要度の把握も大事か

取捨選択の後は、重要度の格付けをするのもいいでしょう。

物事のランク付け(格付け)をして、人生における重要度合い、または急務か否かを判断していくことは大事だと思っています。

書きながら、いろいろな本が頭をよぎりました。

より詳しくなりたい方は、以下の本を読んでみても良いかもしれません。

ありがとうございました!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA