雑記

【ブログ中毒】ブログネタに困らない、ブログ執筆の心構え

一生ブログネタに困らなくなりたいなあ……。

今のところは、ブログ書きたい欲がドバドバ出まくっています!!

どうも、書い人(かいと)です。

今回はブログネタってどうやって捻出するのだろう? という考え方・マインドセットの記事になります。

わりと何でもブログネタにしている

『カイット共和国』(このブログ)は、ゲームブログ兼雑記ブログなので、雑記も気にせず書いています。

最近は特に「何で今までネタにしてこなかったのだろう?」と不思議がるくらい、ブログネタが出ています。

おそらくは、変なプライドや完成度へのこだわりがかなり削れて、公開すべき記事の基準が下がったのが原因だと思っています。

最近はゲーム関係のネット掲示板で叩かれるとかのプチ事件があったのですが、お陰で「あー、何を書いても叩かれる場合は叩かれるんだな」と思って吹っ切れた感じです。

じゃあ、発信を楽しんだ者勝ちということで今を楽しみ、頑張るようになりました。

人の役に立つ記事を、自分程度が定めるな

ブログ、特に収益化が前提となると「人の役に立つ記事を書く」ことが重要になります。

ただ、自分にとってはそこまで重要じゃなくても、他人からしたら重要ということはザラにあります(そのはず)。

書きたいネタがあったら、ラッコキーワード(外部リンク)などのGoogleのサジェストキーワード(検索候補)取得ツールなどで検索して、似たような言葉でどれくらいの需要があるのかを事前にチェックするのも重要ですね。

こんな程度の内容で、人の役には立たないよな……いえ、そんな事はありません

本当に数行だけの記事とか、ただの事実だけ列挙した日記なら確かに役に立たなくても仕方がないかもしれません。

ですが、役に立つかどうか読者(他人)が決めることです。

自分だけの見識で全てを判断するのは、実にもったいないことだと思ってください。

奥義は、プライドを下げる?

なんだかんだ言って、自分はプライドが高かった気がします。

プライドは持たないほうが生きやすい。

わかっているはずなのに、ブログの記事にすべき内容をやたらと高水準に設定するとかしていました。

本当にそれがプライドだったかは正直、今のレベル(低め)の自分にはわかりません。

しかし、書きたいこと、しかも人の役に立つかもしれない内容を記事にできないのは辛いと思っています。

実際、こうしてブログをスラスラ書いている現在と過去とで、情報のインプット量が違うかと言われるとおそらくほぼ同じです(誤差だと思います)。

ネタ探しとか、ぶっちゃけほとんどしていません。

(YouTube動画を見るとか、好きな本を読むとかはしています)

記事の切り口・捉え方を変え、発信(公開)のGOサインへのプライド・水準を恐ろしく下げてみました。

これ、ネタにしちゃっていいじゃん!! とかね。

何回でも書きますが、大事なのは読者が喜んでくれるかどうかで、自分が満足するかではないんですよね(まあ、ほとんどの場合は、自分も満足できる記事を書いていますが)。

しばらく雑記ブログ記事に注力するかも?

ゲーム記事はどうしても執筆の水準が上がるので、ちょっと工夫が必要です。

今は日常から感じたことを、読者向けの視点も考え、雑記を多めに書きたいと思っています。

うーん、一番最初のブログ(はてなブログで書いた『書い人(かいと)のブログ』)を書いていた頃に戻った気分ですねー。

自分なりのブログ文法を正確に身に付け、定めたというのも執筆速度の向上に一役買っていそうではあります(こればかりは慣れるまで訓練が必要だと思います。タッチタイピングのホームポジションみたいなのをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。その文章バージョンですね)。

ブログを書く上で最近とても役立っている本が、こちらの『ゆる副業』になります。

自分がブログを始めたきっかけも、ヒトデ(この本の著者)さんのブログでしたね……。

外部リンク:今日はヒトデ祭りだぞ! 本当に楽しいブログです。

ありがとうございました!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA