mtgaデッキ構築

【MTGアリーナ】増殖、セレズニア(白緑)!!【ヒストリック】

大量に増えていく+1/+1カウンターで、対戦相手を押し潰そう!!

どうも、書い人(かいと)です。

クリーチャーに+1/+1カウンターを乗せるカードは、クリーチャー自身で完結していることも多く、思い切ってクリーチャーと土地のみの構成にしてみました。

条件を満たしたので、相棒クリーチャーに集めるもの、ウモーリも採用しています。

インポート用データ

サイドンボード(相棒)を入れると、『不正な行があります』エラーが出るため、ウモーリのみ入れていません

コピーする場合は、手動でウモーリを追加していただければ幸いです。

デッキ
2 A-ナーリッドの群棲 (ZNR) 185
1 森 (MID) 384
2 平地 (MID) 380
3 アラシンの守護者、ハムザ (CMR) 278
4 A-光輝王の野心家 (ZNR) 24
4 寺院の庭 (GRN) 258
4 枝重なる小道 (ZNR) 258
4 陽花弁の木立ち (XLN) 257
4 花粉光のドルイド (WAR) 173
4 薄暮殻の這うもの (MH2) 156
4 豊潤の神殿 (THB) 248
2 ファートリの猛竜 (WAR) 200
4 漁る軟泥 (M21) 204
4 A-オラン=リーフの軟泥 (ZNR) 198
4 議事会の導師 (M21) 216
4 アイノクの盟族 (J21) 3
4 奉謝の亡霊 (WAR) 17
2 カーンの拠点 (WAR) 248

基本的な動き

自己強化系能力(+1/+1カウンターを置く)、増殖(置かれているカウンターをさらに+1個増やす)能力で自前のクリーチャーを増やしていきます。

さらに先制攻撃やトランプル(貫通ダメージ)も付与できるクリーチャーが居るため、戦闘はめっぽう強いです。

集めるもの、ウモーリは、相棒なので手札に加えるために3マナ、召喚するのに緑の4マナ(このデッキの場合は)かかりますが、能力は非常に強力です。

相棒 ― あなたの開始時のデッキに入っていて土地でない各カードが、すべて共通のカード・タイプを持っていること。(このカードがあなたの選んだ相棒であるなら、ソーサリーとして(3)を支払うことでゲームの外部からそれをあなたの手札に加えてもよい。)
集めるもの、ウモーリが戦場に出るに際し、カード・タイプ1つを選ぶ。
あなたがその選ばれたタイプの呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。

(このデッキだと)クリーチャー・呪文の不特定マナ・コストの部分が(1)マナ減る能力を持っています。

このデッキは、不特定マナ+白or緑のクリーチャーが非常に多いため、手札さえにクリーチャーさえあれば十分な展開が期待できます(2マナクリーチャーを1マナ単色でガンガン出せるようになります)。

弱点としては、出すまでにけっこうコストがかかるのと、クリーチャーを1体でも出した瞬間にクリーチャーデッキだとバレてしまうところでしょうね。

対策される前に押し潰してしまいたいところです。

議事会の導師

あなたがコントロールしているクリーチャー1体の上に+1/+1カウンターが1個以上置かれるなら、代わりにそのクリーチャーの上に、その数に1を足した数の+1/+1カウンターを置く。
議事会の導師が死亡したとき、あなたはそれのパワーに等しい点数のライフを得る。

召喚コストに不特定マナは含みませんが、居るだけで良い働きをしてくれる1枚です。

アラシンの守護者、ハムザ

この呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールしていて+1/+1カウンターが置かれているクリーチャー1体につき(1)少なくなる。
あなたがクリーチャー呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールしていて+1/+1カウンターが置かれているクリーチャー1体につき(1)少なくなる。

最短白緑の計2マナで唱えられ、さらに後続のクリーチャーを唱えるコストも基本的に減ります。

疑似ウモーリ+α、的な。

このデッキとの相性は抜群でしょうね。

ただし、伝説(戦場に1枚までしか残せない、実質的なデメリット能力)クリーチャー・カードであることには注意してください。

入れ替え候補カード

ハイドラなど、戦場に出すために不特定マナ(X)を注ぎ込めるクリーチャーが居ることを忘れていて、さらに調整ができるような気はしました。

一番扱いやすいのは(ハイドラではありませんが)、石とぐろの海蛇かな?

到達、トランプル、プロテクション(多色)
石とぐろの海蛇は、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。

野生林の災い魔も、このデッキとは相性が良いでしょうね!

野生林の災い魔は、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。
他の、あなたがコントロールしていてハイドラでないクリーチャー1体の上に+1/+1カウンターが1個以上置かれるたび、野生林の災い魔の上に+1/+1カウンターを1個置く。

調整版デッキ

(読み込みエラーの都合上、やはりウモーリは手動で足してください)

デッキ
2 A-ナーリッドの群棲 (ZNR) 185
1 森 (MID) 384
1 平地 (MID) 380
3 アラシンの守護者、ハムザ (CMR) 278
4 寺院の庭 (GRN) 258
4 枝重なる小道 (ZNR) 258
4 陽花弁の木立ち (XLN) 257
3 花粉光のドルイド (WAR) 173
4 薄暮殻の這うもの (MH2) 156
4 豊潤の神殿 (THB) 248
2 ファートリの猛竜 (WAR) 200
4 漁る軟泥 (M21) 204
4 A-オラン=リーフの軟泥 (ZNR) 198
4 議事会の導師 (M21) 216
4 アイノクの盟族 (J21) 3
4 奉謝の亡霊 (WAR) 17
2 カーンの拠点 (WAR) 248
3 野生林の災い魔 (M21) 214
3 石とぐろの海蛇 (ELD) 235

巨大な数のクリーチャー軍団で、プチっと(対戦相手が潰れる音)決めてしまいましょう。

うーん、全体除去をされたときとかの立て直しに、ドローソース・クリーチャーとか入れたいですが、余裕ないかな……?

調整案があったら追記するかもです!

ありがとうございました!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA