雑記

藤本タツキさんの漫画『ルックバック』は精神障害者への偏見を助長するのか

(注:本記事投稿時点での『ルックバック』から、現在は表現・描写が変更されました)

結論から言うと、助長しないと個人的には思っているよ。

サイト主の書い人(かいと)は統合失調症で、障害者手帳の2級も持っています。

以下、ネタバレ成分は控えめです。

犯人が精神障害者だとは、劇中で一度も書かれていない

統合失調症か違法薬物の摂取をしたか、そういう人っぽい感じの犯人でしたが、推測でしか言えない程度にしか描かれていません。

この犯人を見た精神障害者の方が「精神障害者を悪人として描いている!!」と騒ぐのは自意識過剰なんじゃないでしょうか。

頭のおかしな人がおかしな行動をとるのは事実

邪悪か異常(変)なだけかはその人次第だけど、統合失調症に限らず精神病その他で行動がまともじゃなくなるのは事実だろ? とは思うんです。

自分も散々おかしなことをしたし、ほとんどは自分の中に留めたけど、外にこぼれてしまい指を指されるようなことはあったように思う。

『ルックバック』の描写は自由な創作の範疇だ

助長も何も、精神障害がある人間が凶悪犯罪を起こしたことはあるわけで。

さらに言うと、タツキ先生は自作の『チェンソーマン』を他の人からパクリだと物申され、あまつさえツイッターで犯罪予告めいた文章をツイートされている。

その人が精神障害者かどうかはさておき、『盗作被害の言いがかり』という実害を受けたのは事実。

精神障害がありそうな人の1人を犯罪者として描くのは問題ないと思うよ。

『精神障害者は全員犯罪者だ!!』とかは駄目だけど、『ルックバック』はそういう話ではない。

こういう(ある程度まともな)文章が書ける統合失調症患者も居るということ

声高に何かを叫んで主張したいとは思わないんだよなあ。

精神障害者などに偏見を持つそれぞれ一人一人の内心にいちいち介入して、『汝(なんじ)、悔い改めよ』とか言うのは不毛な行いです。

どう思おうが、実害がない限り自由なんじゃない?

実害あったら対抗して滅(めっ)するのみ。

ありがとうございました!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA