mtgaデッキ構築

【格安(レアカード不使用)デッキ】高速ビートダウン!!『青緑マーフォーク部族』【ヒストリック】

どうも、書い人(かいと)です。

今回はマーフォークデッキ(いわゆる『部族デッキ』(1タイプのクリーチャーで統一したデッキ)アンコモン以下で構築したので、紹介していきます。

普通に強いです。

インポート用データ

デッキ
4 海辺の斥候 (J21) 12
4 森 (VOW) 402
4 霧まといの川守り (M19) 310
4 深根の水域 (XLN) 51
4 メロウの騎兵 (LRW) 74
4 マーフォークの霧縛り (RIX) 164
5 島 (VOW) 399
4 マーフォークのスカイダイバー (WAR) 205
4 自在自動機械 (MH1) 235
4 執着的探訪 (RIX) 35
4 茨森の滝 (M20) 258
4 森林地の小川 (M19) 260
4 手付かずの領土 (XLN) 258
4 通報の角笛 (JMP) 469
3 鏡像 (M19) 61

主な動きかた

最終的にはビートダウン(殴り倒す)で、相手ライフを0以下にすることで勝利を狙います。

そこまで複雑な動きはありません。

ブロックされない(能力)、飛行、全体強化(全体修整)、ドロー補助

などが主な動きの軸となります。

強力カード紹介

メロウの騎兵

あなたがコントロールしている他のマーフォーク・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
あなたがマーフォーク・呪文を唱えるたび、パーマネント1つを対象とする。あなたはそれをタップまたはアンタップしてもよい。

3マナと、このデッキでは重いクリーチャー・マーフォークですが、能力が非常に優秀です。

他のマーフォークの全体修整(+1/+1)と、マーフォークを唱えるたびにパーマネント(土地を含む!)をタップまたはアンタップできます!

基本的には、対戦相手のパーマネントの場合はタップ、自分のパーマネントの場合はアンタップします。

海辺の斥候

MTGアリーナ限定カードですね(紙だと再現し辛い能力です)。

海辺の斥候が戦場に出たとき、あなたはあなたの手札にありマーフォークか土地であるカード1枚を追放してもよい。そうしたなら、あなたの手札に「熱帯の島」のカード1枚を創出する。
このターンにこれでないマーフォークや島があなたのコントロール下で戦場に出たことがあるかぎり、海辺の斥候は+1/+0の修整を受ける。

パワーの自己強化能力を持ち、条件を満たせば熱帯の島カードを手札に創出(ゲーム内に生成する)できます!

熱帯の島は土地(森・島)で、緑または青のマナを生み出します。

アンタップインするので、出したターンから使えるのが大きな強みです。

通報の角笛

通報の角笛が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプ1つを選ぶ。
あなたがその選ばれたタイプのクリーチャー・呪文を唱えるためのコストは1マナ少なくなる。
あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。それがその選ばれたタイプのクリーチャー・カードであるなら、あなたはそれを公開してあなたの手札に加えてもよい。

部族デッキのオトモですね。

マーフォークを唱えるためのコストが1マナ(無色、不特定マナ・コストの部分のみ)減ります

また、自分ターンの開始時にデッキトップのカードがマーフォークならば、通常ドローの前にそれを手札に加えることができます。

毎ターンの実質的なドロー補助は非常に強いです。

早めに、戦場に置いておきたいところですね。

深根の水域

あなたがマーフォーク・呪文を唱えるたび、呪禁を持つ青の1/1のマーフォーク・クリーチャー・トークンを1体生成する。(呪禁を持つクリーチャーは、対戦相手がコントロールしている呪文や能力の対象にならない。)

また3マナですが、序盤に出せれば継戦力は伸びますね。

全体修整を重ねて殴っていきましょう。

その他のカード

まとめ:割とガチで強め

部族デッキは、アンコモン以下の構築だと部族カードそのものが不足しがちなのですが、多相クリーチャーが役立ちますね。

多相(このカードは常にすべてのクリーチャー・タイプである。)

当然ながら、マーフォーク・クリーチャーでもあるわけです。

ちなみに前述の通報の角笛が出ている状態だと、このクリーチャーは0マナで唱えられます^^。

ガンガン、クリーチャーを出して開始5ターン前後で決着を……。

というのが理想の動きです。

そうありたいものですね。

ありがとうございました!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA